ジャイアント ホ グウィード。 中国の謎の種の正体と目的は何?情報流出はAmazonから?

【中国】謎の種の正体はジャイアント・ホグウィードの種説→デマです │ 黒白ニュース

PR 中国から何故謎の種を届けるの?実はアマゾン関与 そもそも何でこんなことするの? と言う疑問はこちらで書かれていました。 「光毒性」の物質とは、皮膚に付着した状態で太陽光や紫外線を浴びると、皮膚炎などの影響を及ぼすものだ。 ・バイオテロの可能性。

もっと

中国からの種子には危険な植物の可能性がある!?

一方で、情報ソースの不明瞭さや、複数の種が報告されているにも関わらずジャイアント・ホグウィードだと断定することへの指摘もあった。 ところが、ジャイアント・ホグウィードの場合は、アレルギーではなく光毒性の樹液が人体への被害の原因なので、原理的には、漆による人体の被害とは別物だろう。 カラシナ、アサガオ、白菜、ローズマリー、バラなどいくつも確認されており、その一つに、ジャイアント・ホグウィードの種があります。

もっと

中国の謎の種の正体と目的は何?情報流出はAmazonから?

【 バイオテロ】中国から送られた謎の種子、猛毒により触れると炎上を引き起こすジャイアントホグウィードと判明。 いずれもハーブや野菜、観賞用の植物であり、危険性はなかったとされています。 目に入った場合は恒久的な失明の原因となる。 スポンサードリンク 謎の種の正体はジャイアント・ホグウィードの種説 中国から送られてくる謎の種は「ジャイアントホグウィード」説が濃厚。 昔アメリカであったよね、ポストに炭疽菌が送りつけられてくる炭疽菌事件。 「スカイプで聞いたんだけどジャイアント・ホグウィードの種だって」(7月29日1時18分) また、このスレッドの続きとして29日朝に建てられたスレッドにも、以下のような書き込みが見られた。

もっと

【デマの可能性】中国から届く謎の種の正体はジャイアント・ホグウィードって本当? | M's web cafe

アメリカ• 輸入時に検査を受けた植物は、 外装に合格のスタンプ(植物検査合格証印)が押される。 とは言え、規模が大きすぎる気もしますが・・・ バイオテロ目的という説 バイオテロという説もあります。 よく「池の水を全部抜く」という番組で外来種の魚などが悪者扱いにされていますね。 そしてジャイアントブタクサには、葉、茎、根、花、種など、この植物のほぼ全体に有毒物質が含まれていて、この草に触れたり、少しかすった程度でも凄い炎症を引き起こすようです。

もっと

【デマの可能性】中国から届く謎の種の正体はジャイアント・ホグウィードって本当? | M's web cafe

種は長生きで1000年経っても発芽する種も… 単なる送りつけ詐欺でも、 種ってのがすごい怖いな! 謎の種は何の種?正体は「ジャイアント・ホグウィード」か? 現在のところ、「謎の種」の正体については判明していません。 31日中には、アメリカで話題になっていた「謎の種」が日本にも届いていることを、日本のメディアが一斉に報じている。

もっと

【デマの可能性】中国から届く謎の種の正体はジャイアント・ホグウィードって本当? | M's web cafe

甚大な被害を画像で解説 このDNAのダメージは、由来が何であれ、植物性光線皮膚炎という症状です。 安全性が確保されるまでは一般市民は素手で触らないほうがいい。 今回は、そんな身近な危険植物シリーズ第二弾をお送りします。 成長すると2-5. だから、まちがっても、舐めて慣れよう、などと考えてはいけない。 5メートルまで伸びます。

もっと

【何の種】謎の種の正体:ジャイアントホグウィード?植えてみたら?

ワイルド・ルバーブ(: Wild Rhubarb) (ニュージーランド) 西欧と北米への移入 [ ] ヨーロッパにおける2005年のジャイアントホグウィードの生息域 ジャイアント・ホグウィードが、他のと共にへ持ち込まれたのはのことで、として持ち込まれた。 皮膚は光に反応して炎症や重度の水腫れ、やけどを引き起こし、傷跡は何か月も残ります。 ジャイアント・ホグウィードの場合、この光毒性が強烈で、数年もの間、肌に残り続けるという。

もっと

海外の謎の種の正体は最強の猛毒植物と判明!!種に触れるだけで火傷レベル!?

最近、頼んだ覚えのない「謎の種子」が届くという報告がSNS上で増えています。

もっと

海外の謎の種の正体は最強の猛毒植物と判明!!種に触れるだけで火傷レベル!?

一方、ジャイアント・ホグウィードの種はどんな形だろうか。 — ライブドアニュース livedoornews 中国から届いているとみられる「謎の種子」ですが、届いたらどうしたらいいのでしょうか。 茎には所々に赤黒い斑点がある場合もある。 jpg この植物の樹液に触ると 重篤なやけどをおってしまうとこうもの。 つまり、現在イギリスで生息しているジャイアント・ホグウィードは、過去に海外から持ち込まれた外来種であった。

もっと