チェルシー 対 サウサンプトン。 チェルシーがサウサンプトンに黒星、ホームでの連敗は8年ぶり 写真11枚 国際ニュース:AFPBB News

チェルシーがセビージャとドロー、指揮官は無失点に満足 欧州CL 写真11枚 国際ニュース:AFPBB News

4-2-3-1のときは4-4-2に変化して守備をしていた記憶があります。 しかし、前半終了間際にダニー・イングス(Danny Ings)に1点を返されると、後半に入ってチェ・アダムス(Che Adams)の同点ゴールを許した。 チェルシーの攻撃は徐々に単発になっていきます。

もっと

チェルシーがセビージャとドロー、指揮官は無失点に満足 欧州CL 写真11枚 国際ニュース:AFPBB News

すると、この1点で息を吹き返したサウサンプトンに立ち上がりから押し込まれるチェルシーは、再びミスから2点目を献上。 ツィエクのスルーパスをボックス右横までオーバラップした R・ジェームズがダイレクトクロス。 なお、トップリーグで開幕からアウェイ4連勝を収めたのは、これが3度目。 チェルシーに終身雇用されることを願っているけど、イングランド代表の監督になれば国に貢献できるのは間違いないだろう」 「彼はネームバリューだけでなく、チェルシーの監督になる能力を十分に持っていた。 com』の集計では、サウサンプトンはリーグ6位のボール保持率を記録しているが、パス成功率では13位で下から数えた方が早い。

もっと

【ロンドン】チェルシー対サウサンプトン

。 プレミアリーグ第18節のチェルシー対サウサンプトンが12月17日、チェルシーのホームスタジアムであるスタンフォード・ブリッジで開催される。 チームは逆転負けを喫したが、ウォード=プラウズは2得点すべてに絡んでいる。 前節マンチェスター・Cに勝利したトッテナムはリーグ戦4連勝で、2014年8月以来となる首位浮上。

もっと

チェルシー対サウザンプトン【予想とオッズ】 • ベッティングトップ10

結局、試合はそのまま3-1でタイムアップ。 しかし、フェルナンデスは86分に自分のミスを帳消しにする見事なゴールを決めると、ユナイテッドはその後アーロン・ワン・ビサッカ(Aaron Wan-Bissaka)とラシュフォードが得点を重ねた。 放送はDAZNで行われる。 ファルカオだけで相手のビルドアップを抑えられるわけはありません。 イングランド代表はベスト4に入ったロシアワールドカップで11得点中5得点を(PKを除く)セットプレーから決めているが、サウサンプトンも負けていない。 後半14分 選手交代、マウント(19)がアウト、ジエク(22)がイン 後半27分 後半32分 選手交代、レドモンド(11)がアウト、テラ(23)がイン 後半39分 黄ロメウ(6)が警告を受ける 後半42分 選手交代、アダムス(10)がアウト、ロング(7)がイン 後半42分 選手交代、ロメウ(6)がアウト、ディアロ(27)がイン 選手交代、プリシッチ(10)がアウト、ジェームズ(24)がイン 後半42分 選手交代、ヴェルナー(11)がアウト、アブラハム(9)がイン 後半45分 後半47分 ゴール!!!ヴェステルゴー(4)がゴールを決める。 スペイン [12月5日 10:30]• 今回の企画『Incredible Goals』 信じられないゴール では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

もっと

【ロンドン】チェルシー対サウサンプトン

ブンデス [12月1日 0:24]• 別に4-4-2でも構いません。

もっと

チェルシー対サウサンプトン チェルシーは若手中心で復活となるか

インタビューを見ていると、ゲームへの理解があって、自分が何をすべきか、どうやってグループに信念を与えられるかを熟知しているのが分かる」 「サッカーを理解し、チームを思い通りに機能させるのは大変な仕事だと思う。 ブンデス [12月5日 8:17]• 今季は今夏に2億2000万ポンドを投じての大型補強も実り、プレミアリーグ10試合を消化した現段階で5勝4分け1敗の3位。 もちろん、ワントップに岡崎やエトーならいけます。 1 引き分け 2 1 引き分け 2 1. ボールを保持しながら地道にアザールたちが個人技を炸裂させることを待つ、というのはなかなか勝てないチームにおいて悪くない考えだと思います。 スペイン [12月5日 0:11]• 黄チルウェル(21)が警告を受ける 後半3分 後半12分 ゴール!!!アダムス(10)がゴールを決める。 ランパード監督は「われわれは努力しなければならないし、攻撃の面でもっと多くのことをする必要がある」と続けた。 プレミア [12月7日 22:24]• 1-1で迎えた55分、チェルシーのスペイン代表MFセスク・ファブレガスがペナルティエリア右でU-20イングランド代表DFマット・ターゲットと接触した場面について、副審が誤審であったことを弁明していたことが明らかとなった。

もっと

サウサンプトンが強い。ハイプレスが封じられても逆転勝利。炸裂した唯一無二の武器とは?【分析コラム】

サウサンプトンとしてはセットプレーを大いに活かしたいところだ。 就任2年目を迎えたジョゼ・モウリーニョ率いるトッテナムと王者リバプールが勝ち点24で並び、チェルシーとレスターが続く。 注目のダービーマッチを制するのは、チェルシーか、それともトッテナムか。 多くの人も共感してくれるだろうし、成功していると思う。 「どのチームもそれ(トップ4入り)を争っており、われわれはトップ4に入った状態でクリスマスを迎えている。

もっと