ホアキン フェニックス ジョーカー。 『ジョーカー』ホアキン・フェニックス、撮影中に負傷していた ─ 大幅減量にスタッフも心配、アカデミー賞受賞の裏側

ジョーカー (映画)

こんな病的なキャラクターを演じるのを楽しんだということは、僕の何かがおかしいということなのかもしれないけれど(笑)。 映画を作っているあいだ、映画の人たちとしか交流しなくなるから。

もっと

『ジョーカー』ホアキン・フェニックス、撮影中に負傷していた ─ 大幅減量にスタッフも心配、アカデミー賞受賞の裏側

アーサーやジョーカーになりきったまま、現場で過ごしているわけじゃないんだ。 ビタミン剤やミネラルは摂取していたけど、カロリーは取らなかった。 初のオスカー像を手にしたホアキンは「自分がほかの候補者の方々より秀でているとは思いません。 観客としては応援したくなるけど、悪いこともするから、肯定もできないというか。 発作の笑いが出ちゃうし、ネタもつまんなくて……。 最期のシーンの表情なんて、本当にショッキングだったよ。

もっと

【壮絶】ジョーカー主演ホアキン・フェニックスの若い頃を、振り返ると?|MINE(マイン)

「ホアキンの演技をはじめて観て、1テイク撮ったら分かりました。 、THE RIVER 2019年10月10日 2019年10月13日閲覧。 僕の場合、正直に言うと、役作りで悪夢を見たことなんて一度もない。

もっと

ジョーカー俳優ホアキン・フェニックス、壮絶減量の影響|シネマトゥデイ

この映画で好きなシーンはどこだった? コトブキ どれも印象深いですけど、いまパっと浮かんだのは、地下鉄の車内でアーサーが襲われて、思わず持っていた拳銃で反撃をしてしまうシーンですね。

もっと

「こんな病的なジョーカー役を楽しんだ僕はどこかおかしいのかも(笑)」ホアキン・フェニックスが語る

そして、タイトルが「ジョーカー」でなくても、別のタイトルであっても、十分成立していると思えた。 放送当日。 僕はあなたの足から撮り始め、カメラを徐々にあげていく。 それは嘆きのチェロ曲のようだった。 兄リバーの死をきっかけにしばらく休業したが、映画「」(95)から本名のホアキンで活動を再開する。

もっと

【イタすぎるセレブ達】ホアキン・フェニックス主演の『ジョーカー』は「精神的な病を利用した金儲け」か 有名監督が示唆

それもまた、自分を笑い者にするためだと察しつつも、生放送の途中で拳銃自殺する計画を思いついて承諾する。 原田 すごく痩(や)せこけた体で、見てるだけで痛々しかった。 人々を笑わせたいと願っているにも関わらず、脳神経に負った損傷と精神の病によって引き起こされる言動が災いして人々から忌み嫌われてしまう切なさ。 同じことはやれないし、でもいままでを越えるものをやらなきゃいけないっていう。

もっと