ラスベガス 銃 乱射 事件。 ラスベガス銃乱射事件からトランプ政権の銃規制を考える:「実際の大量破壊兵器」の拡散は防げるか(六辻彰二)

59人殺害「ラスベガス乱射事件」それでも米国から銃が消えない理由(西山 隆行)

ひたすら「運」なのかなあ、と思うと…勘弁してくれ!!!と思います。 スポンリンク? 悲しい事件でした。 この項目は、に関連した です。 (荻上チキ)うん。 だが誰もが誰かを助けていた」 米乱射犯、賭博好きの元会計士 父はFBI最重要手配の銀行強盗 【10月2日 AFP】米()州ラスベガス(Las Vegas)で起きた銃乱射事件で、高級ホテルに大量の銃器をひそかに持ち込み、32階の部屋の窓から音楽祭の参加者らに向けて銃を乱射した元会計士のスティーブン・クレイグ・(Stephen Craig Paddock)容疑者(64)は、ギャンブルに高額をつぎ込む賭博愛好家で、そのはかつて(FBI)の最重要指名手配犯とされた銀行強盗だった。

もっと

ラスベガス銃乱射事件の記事まとめ

事件発生当時は郊外のに在住。 事件の後もアメリカでは銃乱射事件が相次いだ。 野外でカントリーミュージックの音楽祭が開かれており、2万2千人以上が集まっていた。

もっと

ラスベガスの乱射事件で変わるか? アメリカ人の銃規制に対する意識

銃撃があった当時、現場ではカントリーミュージックのコンサートが行われていて、会場の広場には音楽のステージのほか、出店や娯楽設備が並び、周辺にはおよそ2万人がいたということです。 また、パドックは過去のイベントへの攻撃を検討していた可能性もある。 警察は、容疑者の詳しい身元や動機については明らかにしていない。 また、一部の報道では同じく高速射撃を可能にする機構である回転式のトリガー・クランクが用いられたとの見解も出されている。 バンプストックはセミオートマチックの武器を改造して自動射撃を模倣し、連続して素早く撃てるようにするためのものである。 朝日新聞 2017年10月5日• 反応 [ ]• 2回目は約2時間後のノリス・ホールで、5人の教員と25人の学生が犠牲になっています。 犯人の動機 [ ]• 事件発生直後、狙撃場所の推測とホテルの宿泊者リストにより、犯人はネバダ州の不動産業ビジネスマンでビデオポーカープレイヤーでもあるステファン・パドック/Stephen Paddock(64歳)と特定された。

もっと

32階から自動小銃乱射 ラスベガス、死者50人超に:朝日新聞デジタル

これを受けて銃規制の議論が再燃し、。 また、後の調査で射撃位置より約600メートル離れた空港内のジェット燃料のタンクに銃弾2発が着弾していた。 また、大量殺人を可能にするような武器をなぜ入手できたのか。

もっと